名称
日本住宅ストック流通協議会
Japan Housing Stock Distribution Conference
会長
服部 倫史
(株式会社シー・アイ・エス計画研究所 代表取締役社長)
設立
平成29年4月
設立の趣旨
国土交通省補助事業・モデル事業に取り組む全国の団体などの有志が集まり設立した。
既存住宅流通・空き家対策の技術研究と情報交換を目的として、活動している。

メンバーの主な国土交通省補助事業・モデル事業採択実績

「空き家対策の担い手強化・連携モデル事業」
(国土交通省 Webサイト)
https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk3_000062.html

令和2年度は当団体メンバーが3団体採択されております。

  • むかわ町空き家活用ネットワーク(北海道むかわ町、(株)シー・アイ・エス計画研究所、INDI株式会社)
    地元人材の活用による相談体制の構築と、地元自治体・民間組織による持続的相談運営・データベース化を図る。具体的には、地元人材向け研修、町内連携機関・地元民間事業者を対象にヒアリング、自立的継続運営のための空き家等管理受託​業務の検討、空き家情報の更新や役場との情報交換等を実施する。
    むかわ町空き家活用ネットワーク WEBサイト(http://www.home-info.jp/index.html)
  • 一般社団法人岡山住まいと暮らしの相談センター(岡山県岡山市、倉敷市)
    効率的な空き家調査手法を構築するため、地元情報誌の配布員を活用した空き家調査とWEBシステムによる調査結果の集約を行う。また、調査結果を元に空き家所有者に対してセミナー・相談会のチラシ等を配付し、啓発を行う。
    一般社団法人岡山住まいと暮らしの相談センター WEBサイト 国土交通省 空き家対策の担い手強化・連携モデル事業のページ
  • NPO法人住環境デザイン協会(広島県、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)
    地域のJAと連携した空き家所有者発掘及び啓発の仕組を開発するとともに、首都圏の広島県人会と連携し情報発信(首都圏在住者向けセミナー・相談会を開催)する。また、これらの体制をシステム化するため、ICTを駆使した仕組、ワンストップで対応できる相談員の育成マニュアル・プログラム開発を行う。